遊び方

人狼ゲームで一番大事な視点の話

人狼ゲームで一番大事な視点の話
サイモン
サイモン
よ!俺サイモン
といちゃん
といちゃん
といちゃんだよ
サイモン
サイモン
人狼ゲーム、楽しんでるか?
といちゃん
といちゃん
はい!でももっと勝ちたいです!!
勝つためには、どうすればいいんですか??
サイモン
サイモン
どれどれ、今のといちゃんの人狼プレーレベルを調べるよ。

 

・・・・・ゲーム中・・・・・

 

といちゃん
といちゃん
ただいまー負けたぁ〜(涙)
サイモン
サイモン
ただいまー残念だったね(笑)
といちゃん
といちゃん
絶対あの人が人狼だって分かってたのに、みんなが信じてくれない!(怒)
サイモン
サイモン
あはは(笑)初心者さんにはよくあることなんだけど、今回のといちゃんも自分の視点でしか語られていなかった、そこが勝敗を別けることがあるんだ。
といちゃん
といちゃん
ジブン ノ シテン?
サイモン
サイモン
そう、「視点」が分かって、さらに「視点」を利用できるようになると、人狼ゲームはもっと面白くなるよ!
といちゃん
といちゃん
勝てますか?!
サイモン
サイモン
はは(笑)といちゃん次第だな(笑)
でも、間違いなく勝率は上がるよ。
といちゃん
といちゃん
教えて下さいー!!!師匠!!!

一番大事な視点の話

「目線」とも呼ばれますが、今回は脱初心者の鍵、というよりすべての人狼ゲームにおける動き方の基本となる「視点移動」について解説します!

一緒にプレイしていて、この人うまいなぁ、というプレイヤーはみんな、たくさんの視点=目線の切り替えを使いこなしています。

盤面整理 なんていう言葉も、この視点を動かして考えることとつながっていきますから
ぜひ理解しておきたい内容です。

 

「盤面」とは、今の戦況がどのような状態か、ということです。

人狼の場合、例えば、占い師2、霊能者2がCO(カミングアウト)している場合、「2−2盤面」

占い師3、霊能者1では「3−1盤面」と言ったりします。

「3−1盤面」の場合は、霊能者を真として見る、などと言った次の盤面を読むことができます。

感情ではなく、事実を整理する。それが盤面整理です。

 

①自分視点からはなれてみる!

超初心者の失敗例の話をしてみます。

あなたは占い師だとします。初日に対抗の占い師が一人出たとしましょう。

【自分視点】で言えば対抗は偽物です。早く吊って偽物を消したい・・・と思いますよね。
しかし【全体視点】では、占い師の候補が二人いる、というだけのことしかわかりません。

自分が本物である、ということはまだ分かってもらえないですね。
そこであなたが、『その偽物を占ってやれ!やったぜ!黒結果が出た!みなさん吊ってください!』
としたらどうでしょう?

やはり【全体視点】で考えたときに、占い師は片方が本物・もう一方が偽物 ということ変わりありません。

結果「無駄占いをする人」「どうしても対抗を吊りたいらしい」という点で、もしかしたらさらに信用が落ちてしまうかもしれません。

対抗にエキサイトする【自分視点】より、【全体視点】に信用が取れる動き方をするべきなのです。

また別の少し上級な例を。

あなたは占いや進行など、村にとって重要な役職(役割)だったとします。
開始からずっと自分に反対意見を述べ、突っかかって来る人がいるとします。
(怖いなぁ。やだなぁ。よし、占ってやれ!吊ってやれ!)と考えてしまうことはありませんか?

といちゃん
といちゃん
あります!!( *`ω´) 
サイモン
サイモン
チョット待って!

 

それ以上に占うべきところ。吊るべきところはないでしょうか。

【自分視点】嫌だなと思う人でも【相手目線】になれば必死に狼を探しているだけかもしれません。

【全体視点】ではあなたに対し、自分目線から離れられない人=信用がおけないな、頼れないな、と思われてしまうかもしれません。

このように、自分だけの目線から少し離れることで、自分の動き方がよりうまく、
より信用が勝ち取れるプレイヤーに一歩前進するのです。

 

②他人視点の利用

ここでクイズです。

村側が「双子の片割れ」に議論の進行役を任せたいのは、なぜでしょう?

実は、それも「視点」から考えると分かりやすいです。

「双子」という役職が対抗の出にくい確定白、という理由もありますが、
【双子視点】では、相方の潜伏している双子がわかるので、ゲーム開始時には他の市民陣営より情報が一人分多いから、というのも大きな理由です。

村側はその【双子視点】を利用することで、グレーを狭める事ができて、結果的に市民陣営の勝利に有利になるからです。

 

その他にも、

【白をもらった狼の視点】では偽占い師が確定します。

【真の役職の視点】では対抗が偽だとわかります。

【狼の視点】では、相方を知っていますから、黒結果を出した偽霊能が判断できます。

【護衛成功した騎士の視点】では護衛対象が白であることがわかります。

 

いくつかの例をあげてみましたが、このように、各役職、各進行度合いで、プレイヤーの持っている情報はさまざま異なります。

自分だけの視点ではなく、他の人の視点を利用して推理していくのが脱初心者の道になります。

そんな難しいことを・・・と思われるかもしれませんが・・・

具体的には、「~さんはどう思う?」「~さんはどこ疑ってるの?」「~さんはどっちの占い師を信用してるの?」など、会話ゲームの特性を利用して会話を活性化させていけばいいのです。

自分が推理できなくとも、明確な答えが返ってくる・こないで十分なヒントが「全体に」増やせることにもなりますし、議論を先導しようとするあなたの村目を強くすることにもなります。

もちろん上手な人外は逆にこれを利用してくることもありますが、議論が活性化し情報が増えることは村にとって有利になることは間違いありません。

 

③各占い師視点と役職の整理

いわゆる 盤面整理 という言葉になりますが、複数の占い師の視点を整理して黒の位置を探したり、あるいは自分の見られ方で占い師の真贋をつかむ方法です。

最終的な戦略になりますので
人によってはゲーム進行に合わせて表などにまとめたりきちんと進める人もいます。

慣れないうちは終盤、改めて各占い師に「どこが黒になるの?」と聞いてみるのが一番早いです。双方から黒になる予定の人は吊っていい場所ですし、白の自分に黒を出すしかない占い師はもちろん偽物、と判断ができるわけです。

 

といちゃん
といちゃん
師匠!今日はありがとうございました!!
教えてもらったこと意識してがんばります!
えいえいおーっ!

 

「視点」を「整理」して「推理」しよう!

ほっこり人狼島
「人狼はじめるなら、ほっこり人狼島♡」 

ABOUT ME
サイモン
サイモン
人狼と酒と女とサーモンをこよなく愛するライター(⌐▨_▨)✧ 趣味は二度寝と献血と赤い羽根募金。好きな役職は、狂人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA