遊び方

計算できれば戦い方がわかる!縄数の数え方について

縄数の数え方

こんにちは、にゃんこです。

今回は縄数の数え方について解説していきます。

 

といちゃん
といちゃん
うわーー私の苦手なやつ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

 

にゃんこ
にゃんこ
縄計算に苦手意識を持っている人は多いわね。でも慣れれば大丈夫よ!

 

縄数とは「吊り回数」

まず、縄数というのは

市民側が何回で人外(狼、狐や恋人など)を全て吊らなければいけないのか、
その「吊ることのできる回数」

のことです。

 

例えば10人村で人狼が2人の場合、4縄以内ですべての人狼を吊る必要があります。
つまり、3縄以内に1人を吊り、残りの4縄目までに2人目の人狼を吊る、ということです。

数え方(人狼が1人も吊れていない場合)
1日目→吊1噛1で残8人
2日目→吊1噛1で残6人
3日目→吊1噛1で残4人

 

といちゃん
といちゃん
頭の中で考えようとするとグチャグチャになってしまうから、
10>8>6>4
こんな感じで紙に書いて整理しよう!!

 

これで市民側と人狼の数が並び(2-2となり)市民側の敗北となってしまいます。
3縄以内で1匹は人狼を吊るようにしましょう。

 

また、人狼以外に妖狐やその他白人外がいる部屋については

占いでの死亡で縄数は減らないので妖狐は呪殺するのがベストです。

 

「白人外」とは、狂人・狂信者・妖狐・背徳者といった人狼を除く市民陣営以外の役職を指します。

人狼も含めて一括で言う場合は、ただの「人外」と言う。

 

また、狂人などの白人外が残っていると厄介ではありますが、白人外も一応「人間」扱いですので

決められた縄数の中で絶対に吊らなければならないわけではありません。

妖狐の処理さえ忘れなければ、人狼を優先して吊って大丈夫です。

ただし、RPPやPPの記事で解説したように、残しておくと負ける可能性のある盤面に関しては縄数が足りなくならない限りは吊っておくのが無難です。

PPとRPPの基本と回避のコツ
PP・RPPとは?パワープレイの基本と回避の仕方 「PP、RPPって結構聞くけど、実際どういうものなの?」 と思っている人、結構いるんじゃないでしょうか。 この2つを...

 

なぜ「縄数」の把握が重要か

さて、次に「縄数を数えることがなぜ大切か」という点についてなのですが

上の部分で説明したように、「縄数=吊れる回数」なので、人狼や妖狐、その他の第3陣営(白人外除く)に対して縄数が足りなくなった場合

確実に吊れない人外が出てきますよね。

そうなると自動的に市民側は負けてしまいます。

なので、無駄な縄を使わないようにする必要があるのです。

 

にゃんこ
にゃんこ
常に生存者のうち、人外の数、残りの縄数を意識しながらゲームすると、違った味わいがあって楽しいよ!

 

初心者の部屋でよくありがちなのが

「初日だし適当に…」とか
「わかんないからとりあえず吊っとこう」とか

そんな会話が目につきますが

そういった発言、行動がのちのち命取りになります。

 

とくに、16人部屋8人外などの場合
人狼は多いし妖狐もいるし白人外も多数いて
部屋の半分は人外という中で

ただでさえ余裕はないわけです。

 

それなのに安易に吊り先を決めようとしたりする人間がいたら

中級者以上のプレイヤーからしたらそれだけで人外に見えてしまいます。

 

「ちゃんと縄数わかって言っているの?」というように言われてしまう場合もあります。

ですので、人狼ゲームをプレイして経験をつむのももちろん大事ですが

こういった事前の知識も頭に入れておくといいと思います。

 

また、縄数の数え方というのは市民側だけが気にしなければならないことではありません。

たとえば縄数が足りなくなった状態で人狼と妖狐が生存していた場合、どうなるでしょうか。

これは、自動的に妖狐の勝利になります。

縄数が足りなくなった時点で、人狼の勝利になりますが

「いずれかの陣営が勝利条件を満たした時点で妖狐が生存していること」

が妖狐陣営の勝利条件ですので、縄の関係で人狼が勝ったとしても、最終的な勝利者は妖狐となってしまいます。

こういったことはあまり頻繁に起こることではありませんが、起こりうる可能性もあるので、人外側もきちんと縄数を把握しておく必要があります。

 

また市民側、人外側、それぞれで縄数に関して考えなければならないことを簡単に説明します。

☆市民側は余計な縄を使わないこと

(間違って市民側を吊りすぎないこと、白人外に縄を使いすぎないこと、なるべく妖狐は占い処理すること)

☆人外側は、市民側に余計な縄を使わせること

(市民側を吊らせる、白人外に縄を使わせるよう仕向けること)

 

まとめ

市民側、人外側、それぞれ縄数に対して考えなければならないことは違ってきますが

どちらの陣営にせよ、縄数の数え方がわかっているのと、いないのとではかなりプレイヤーレベルの差が出ます。

なかなかややこしく、頭を悩ませてしまう縄数ですが

慣れれば簡単に計算できるようになりますので、ぜひ事前知識を頭に入れた上でゲームに挑んでみて欲しいと思います。

 

これであなたも立派な人狼プレイヤー!

ほっこり人狼島
「人狼はじめるなら、ほっこり人狼島♡」

ABOUT ME
にゃんこ
にゃんこ
子育て奮闘中の1児のママです(=´∇`=) 人狼ゲームは奥が深く、やればやるほどに楽しさがわかってくるゲームです。 自分の働きで自陣営が勝てた時のアドレナリンは気持ちいいですよ♪ 好きな役職は、双子。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA